歯周病と血糖値の関係性【パート3】

歯周病

歯周病治療で血糖値が下がる?

最近では歯周病と糖尿病は密接に関連していると言われており、歯周病の治療をする血糖コントロールが改善するという研究成果も数多く報告されています。
ここでの「歯周病の治療」とは、患者さん自身はお家でのブラッシングによるプラークコントロールをしっかり行い、定期的に歯科医院で炎症の原因となっている歯石を確実に取り除くことです。
そうすることで歯肉の炎症をコントロールできればインスリン抵抗性が改善し、血糖コントロールも改善するということが、日本での研究を含めた多くの臨床研究で報告されています。
一方で、全ての症例で血糖値の低下が生じないことも明らかになっており、どのような糖尿病患者さんで血糖値が下がりやすいのかを調査した今後の研究成果が待たれています。

治療が必要になったら⁉︎

口の中のトラブルがあれば、すぐに歯科医院を受診しましょう。治療が必要な病変は早めに発見して早めに治療することが、重症化させないために重要なポイントです。一方で、受診した結果、治療が必要になることもあります。その際にもし血糖コントロールが悪かったら、治療効果が出にくかったり、治療をすぐに行えなかったりする場合もあります。治療を進めてよいか、歯科医だけでは判断できない場合には、糖尿病の主治医に確認を必要とする場合もあります。まずは、ご自身が糖尿病をお持ちであること、薬の治療を行なっていることなどを歯科医に伝えてください。
また、歯科治療後、治療に伴う痛みなどで食事がとれなくなることもあるかもしれません。糖尿病の薬の治療を行っている方で食事がとれない場合には、薬の調整が必要になることもあります。薬の調整方法を相談するためにも、歯科治療を予定しているときには糖尿病の主治医に伝えるようにしましょう。

 

私たちは

「互いの顔がわかって、何らかのトラブルを抱えた時に必ず力になってくれる」

と皆様から思っていただける歯科医院をこれからも目指してまいります。

タイトルとURLをコピーしました