医療安全ミーティング

ニュース

医療安全ミーティング

中田町歯科医院では
月例医療安全ミーティング(月末)
臨時医療安全ミーティング(レポート提出後随時)
を実施しています。

ハインリッヒの法則 によると1つの重大事故の背景には、29の軽微な事故があり、その背景には300の異常が存在すると言われています。重大な事故防止策は、インシデントや有害事象の数を少なくすることと考えられがちですが、中田町歯科医院では患者さんに影響のなかった事例や予防に成功した事例の中から、改善策を見つけるということも重要だと考えています。そのためヒヤリ、ハット事例(レベル0、1)の報告を推奨しています。
ヒヤリハット報告の意味が現場できちんと理解され、周知実行する事としています。ヒヤリハット報告の分析を行い、対策を即時実施するためのミーティングを行うことで重大な事故を防ぐ事が出来ると考えます。

今後もこのモニタリングを続け、患者様の状態に何らかの影響や変化があった時だけ報告するのではなく、事故を予防できた成功例の報告をする意味と重要性について啓発を行います。
新規に報告された事例は月例ミーティングで反復周知し組織体制を構築することとしています。安全神話はないと認識し、常に危機意識を持って患者さまが安心して安全な医療を受けられるよう次の事項に留意し、日々業務に取り組むよう啓発してまいります。

  1. 法令の順守
    ・医師法、医療法、健康保険法等医療関係法令の例規、通知、通達、ガイドラインの順守
  2. 個人情報の管理
    ・患者さまの個人情報の目的外使用の厳禁
    ・患者さまの情報などを含む電子媒体、紙媒体の管理徹底
  3. 健康の維持・促進
    ・病院職員として、自身の健康の維持・促進
    ・感染症への理解と対策
  4. 職場環境づくり
    ・仕事がしやすい環境づくり(作業動線、機器物品などの整理整頓など)
    ・職場でのコミュニケーションの向上(報告、連絡、相談)

タイトルとURLをコピーしました